就活で見られるものについて


就活では先ずはじめに書類選考やSPI(中学の国語や数学、英語のようなもの)の試験、志望動機書などによって絞り込まれる場合が多くなっています。

書類選考においては学歴も大切です。

学歴が高ければ、学力が高く、学習能力も高く、成果を出すまで頑張れる人だという一つの目安になるからです。



また、難関大学では素晴らしい教育や刺激が受けられるので、このことを期待して採用側は難関大学の学生を好みます。

ただし、志望動機書にやる気がなかったり、SPIで低得点だと書類落ちするので、まずは難関大学を出て、中学の英語、数学、国語ができて、真面目に志望動機書を書くことが大切です。



難関資格などを取っていたり、何かで素晴らしい成果を出していれば、別途評価されます。

人気企業においては、難関大学でないと書類選考も通過はできません。


また、内部進学やスポーツ推薦などで本当は学力がない学生も人気企業の選考においては通過が期待できません。

しかし、書類選考の通過後は大学名はほとんど不問になります。
なぜなら、皆が難関大学を出ているので、大学名では大した差がつかないからです。



また、大学名以外の人物や性格、適性などが重視されます。
就活で成功する人の多くは優等生タイプが多いです。

先生に気に入られていたような人は年上の受けが良くて、面接でも力を発揮するからです。
就活で成功したかったら、年上の人と多く会話し、可愛がられるような人物になることも大切です。


Copyright (C) 2016 就活で見られるものについて All Rights Reserved.