就活では自分の言葉で話す人が結果を出しやすい


大学生などが就活をする場合、同じようなリクルートスーツに同じような髪形、そして、同じような業種を志望し、どういう個性をしているのか、身なりだけではわからないということがあります。
面接などではできるだけその人の個性を引き出そうと企業側は様々な質問を用意しています。その際に志望動機や自己PRは必ずといっていいほど、問われることになりますが、にもかかわらず、そこでも他の人と似通うことが出てきます。



原因としては、就活生が参加するセミナーにおいて自己PRの仕方などがレクチャーされたり、就活の本などで志望動機の書き方などが紹介されたりしており、同じようなアドバイスが色んな人に行われているため、そこまでも似てしまうということが考えられます。

就活の最新情報が知りたい方にはこちらです。

面接でよく出てくる好奇心旺盛や一生懸命などの言葉は面接官とすれば飽きてしまっており、またかという気持ちにさせられます。

ですので、就活においては、自分の言葉で話す、つまり、オリジナリティのある会話、受け答えが新鮮に映るようになります。
もちろん、あまりにオリジナリティが過ぎても面接官がついていけませんから、想定される質問を考え、その答えを用意し、それを自分の言葉で説明するぐらいがちょうどいいです。

面接に臨む就活生の中には、明らかに丸暗記したような回答をする人もいますが、これも逆効果です。

自分の言葉で話すことはちゃんと質問の内容を聞き取り、それを踏まえて回答していることを指し示すため、自分の言葉で話す人は良く見えてくるのです。